水素ガス

高純度水素ガスの需要は、半導体をはじめ、電子・ガラス・油脂・金属のさまざまな工業分野において拡大しています。東京ガスケミカルでは、都市ガス、LNGなどを原料に、高純度水素ガスを発生させる装置を開発し、多くの実績を有しています。時間使用量が50〜1,000m3(NTP)の水素ガス製造装置を用意し、お客さまの構内で高純度水素ガスを製造し、安定かつ安価に供給します。

特長 水素ガスの特長@都市ガスを原料として、高純度水素ガス(純度99.999%以上)をご提供します。
                A原料の貯蔵設備が不要な上、ローリーによる受入れ作業もありません。
                B水素精製課程で生じるパージガスは燃料として、また燃焼排ガスは熱回収により省エネが図られています。
                C自動運転設計により、操作が簡単です。
                D運転圧力が低いため(0.9MPa以下)、高圧ガス保安法の適用を受けません。
                E消防法(危険物)、毒劇物取締法などの法規適用を受けないので、維持管理が容易です。
                F小型機はコンパクトなパッケージタイプなので、少ない敷地面積に設置でき、現地工事期間が短縮できます。
                G原料は、LNG・LPGにも対応できます。
                H圧縮水素トレーラ設備やメタノール改質設備と比較し、CO2発生量を削減できます。 プロセス

原料都市ガスは、脱硫器で都市ガス中の硫黄成分が除去された後、純水とともに改質器に導入され、水素濃度75%程度のガスになります。CO変成器でさらに水素濃度が高められた後、PSA装置*で高純度水素ガスに精製されます。

* PSA(Pressure Swing Adsorption)装置とは圧力を変化させて特定の成分を分離する装置です。
装置仕様
基本仕様 製造能力
50m3/h 〜 1000m3h
製品水素ガス仕様 純度 99.999%以上
圧力 0.70MPa(PSA出口最大値)以下
露点 -70℃以下
必要ユーティリティ 都市ガスまたはLNG、LPG
電力(3相 200V)
上水または純水、冷却水、計装空気、窒素

1997年から日本で初めて、都市ガス改質によるオンサイト水素供給システムの商業化を開始し、今日まで数多くの実績を有しています。

プロセスフロー プロセスフロー図 水素製造装置