酸素ガス

東京ガスケミカルは、PSA式ガス製造装置による酸素ガス供給に多くの実績を有しています。また、ピークシェイビング、バックアップ供給を含めた最適なシステムをご提案します。

特長 @高純度の酸素ガス(93%)を製造できます。,A原料に空気を使用するため、原料貯蔵設備が必要ありません。,B運転操作が容易で1ボタンで起動でき、数分でガス製造を開始します。また、起動後は全自動で運転を行います。,C高圧ガス保安法の適用を受けません。 プロセス

吸着剤を充填した吸着塔に原料空気を供給して、非吸着のガス(酸素)を分離し製品ガスとして供給します。吸着剤に吸着されたガスは、吸着塔を減圧または真空減圧することにより、吸着ガス(酸素)や水分を脱着分離して吸着剤を再生します。

PSA式酸素製造装置
時間使用量が500〜5,000m3(NTP)のPSA装置をご用意しています。
東京ガスケミカルにおけるオンサイトガス供給の歴史は、この酸素PSA装置から始まり、既に30年以上の実績があります。
豊富な運転・メンテナンスのノウハウにより、お客さまのご要望に応じてご提案します。
基本仕様 製造能力
500〜5,000m3/h
製品酸素ガス仕様 純度 90〜93%
圧力 0.99MPa以下
露点 -40℃以下
必要ユーティリティ 電力
工水または冷却水、計装空気
その他 屋外設置
自動負荷運転
酸素PSA装置プロセスフロー 酸素PSA装置

酸素PSA装置