水処理を見直すことで「コストダウン」が図れます。

工場やビルにはさまざまな水処理がつきものです。その水処理の良否は、水処理全体を総合的なシステムとして捉えながら、各種設備の能力をフルに発揮させられるかどうかで決まります。

水処理を見直し、改善することにより、水資源の有効活用・水処理経費の削減・エネルギー消費の削減などで、驚くほどの省コストを実現することが可能です。そのためには管理や設備面での対策のほか、特に注目すべきは「薬品面」の見直しです。なぜなら、ほとんどの水処理薬品は成分が非開示のため、薬品の選定から対応までメーカー任せになってしまうからです。その結果、ムダに薬品を使ったり、せっかく高効率機器を導入しても能力をフルに発揮できない場合もあります。

東京ガスケミカルは、東京ガスの工場・ビルなどで長年培った経験と実績を生かして、お客さまに代わって専門的かつトータルな視点で見直し、最適な要素をベストミックスした「水処理プログラム」をご提案します。

水処理コンサルティング(固有技術) 用水設備(RO・ろ過),ボイラ設備,冷却水設備,排水設備 水処理コンサルティング(実績情報) 東京ガスケミカルの「水処理ソリューション」 @お客さまの水処理のお悩みをワンストップで解決します。A中立な立場でコンサルティングします。Bさまざまな継続運用サポートを活用できます。 水処理診断&コンサルティングのフロー 水処理診断&コンサルティングのフロー 改善のポイント 改善のポイント 水処理コンサルティング(実績情報)